ハロー!プロジェクト自分史&雑感 「道重さゆみ」

6期メンバーのオーディションは全く見ていなかったので、6期メンバーについては加入当初は何も知識がありませんでした。
だから当然この娘の歌の下手さも全然知りませんでした。
しかも、シャボン玉でいきなりセンターで歌っていたれいなや可愛いなと思っていた亀ちゃんとは異なって、全く興味をひかれないメンバーでしたね。

ところがののと同じおとめ組に配属された事によって必然的に見る機会が増えることに。
それでも2003年のおとめコン@京都では全く注目せず。
さすがにこの頃には歌が下手だということは認識していましたけどね(笑)

評価が変わったのは2004年の娘。ミュージカルです。
さゆの役は未来の学生ということで出番は少なかったのですが、そんな中でも彼女のダンスに興味を持ちました。
ある人が言っていたのですが、「さゆはおとめコンを経て自信を持つようになった。今のさゆは自信に満ちていて『私を見て!』という感じですごいアピールしている」(細部に間違いはあると思いますがニュアンスとしてはこんな感じだったと思います)
確かにその通りだと思いましたし、自分はきっとそれに惹かれたんでしょうね。
基本的に自分はぶりっこというかナルシストっぽいキャラは苦手です。
といっても人によりけりで、そのキャラが合っている!と思う人だと結構はまっていってしまいます。さゆもその一人でした。

でもさゆの写真集は持っていません。
知り合いの評判はいいし、れいなと亀ちゃんの1st写真集は持っているにも関わらず、です。
何でかと言うと写真集の発売した時期が、ちょうどさゆの優先順位が低かった頃だからです。
2005年の春ツアーまでは、6期メンバーがみんな同じくらい好きでその中で優先順位が何回かサイクルしていたんですよね。
発売した2004年10月末あたりはれいなにはまっていて、2週間ほどあとに発売されるれいなの写真集を心待ちにしていました。
お金がなくて2冊はとても買えないので、どちらかを選ばなければいけないとなった時に選択したのがれいなでしたから。
亀ちゃんの写真集もほぼ同じ理由です。

さゆにどっぷりとはまりだした、というか萌えだしたのは2005年の娘。春ツアーを見てからです。
このツアーは3月19日の名古屋しか行ってないんですが、そこで見た「レモン色とミルクティ」のさゆに激萌えしました。
3階席だったにも関わらず(笑)
かわいい衣装に結構ブリブリの振り付け(だったと記憶している)がさゆにぴったりで、こんこんもいたのにこの曲ばかりはさゆしか見ていませんでした。
それからというものテレビでさゆを見るたびに萌えていました。
だからハロモニ。のコーナー「エリック亀造」の後半にさゆが多く出演していたのは嬉しかったですね。

さゆに関しては『・・・がやわらかそう』とか『肌を触ってみたい』という残念(というよりキモイ)発言を繰り返してきましたが、さゆの2次元的なかわいさを見てるとどうしてもそういう妄想をしてしまうんですよね(爆)
そう、さゆの場合はアニメ系のかわいさがあるように思います。
もっともこれは萌えキャラ=妹にしたいキャラ=2次元系みたいな変な等式が自分の中にあるからなんですが。
2006年1月現在までそうやってさゆに萌えてきたんですが、なぜか最近は徐々に萌えなくなってきています。
理由はちょっとわかりません。
もしかしたら他に萌える対象が増えてきたからかもしれません(笑)

歌唱力はちょっと・・・ですが、ライブパフォーマンスは特徴のあるものを持っているのでそれに磨きをかけていって欲しいです。
それと今のキャラは是非今後も続けて欲しいですね。
やめてくれといってもやめるわけがないと思いますけど(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

une22
2006年01月28日 08:41
>萌えにくくなった
背丈が伸び過ぎたからでは?ww

僕は、毒を吐くようになってから、かなり好きになりました(笑)姉さんとのコンビネーションがかなり好きですね。
写真集も、もちろん持ってますww

「サイしば3」DVDの中で、「赤フリ」を披露するシーンがあって、最大の見どころですww見てなかったら、お貸ししますよ?www
2006年02月01日 20:16
>uneさん
>>萌えにくくなった
>>背丈が伸び過ぎたからでは?ww
多分それはないですw

毒を吐く部分は自分も好きですね。
エリック亀造も中盤~終盤ぐらいが一番好きでしたね。

サイしば3はこんこんも出ているので見てみたいんですよね。
いつか買いますw

この記事へのトラックバック